銀座カラーと他サロンを比較

VS脱毛ラボ

1.コストパフォーマンスが良いのはどっち?

現在、サロンの中でも、女性に人気があるのが「銀座カラー」と「脱毛ラボ」です。
両社はとても似ており、いくつか共通点があります。
そして、その共通点の中でも最も類似しているのが、料金の安さです。
両社は数多くあるサロンの中でも、圧倒的に料金が安く、多くの女性に支持されています。

まず、全身脱毛の料金ですが、どちらもキャンペーンを利用して、銀座カラーは脱毛し放題コースで197,650円または295,000円、脱毛ラボは89,860円です。
脱毛ラボのほうが安いですが、銀座カラーは脱毛し放題なのに対して、脱毛ラボは6回コースです。

また、どちらのサロンも月額制を導入しています。
銀座カラーの場合はコースによって月額6,800円または月額9,800円の支払い、脱毛ラボの場合は月額1,990円を支払います。

銀座カラーは1回の施術で全身を処置し、1年間で全身22箇所を8回または6回施術できるのに対して、脱毛ラボの場合1ヶ月に4ヶ所の脱毛で、12ヶ月通ってやっと全身48箇所を1回施術できる仕組みにになっています。
12ヶ月で全身の脱毛が1回なので全身を6回ずつ脱毛するには6年間通うことになります。

脱毛ラボにはもう一つスピード脱毛コースがあり、こちらは2週間から1ヶ月に1回通えて、1度に全身を施術できますが、月額コースではないのでまとまった支払いが必要になります。

そして、1部位6回パックの料金だと銀座カラーは13,000円(デリケートチョイス)、または26,000円(スタンダードチョイス)で脱毛できます。
一方、脱毛ラボの場合だと1回あたり1,980円から5,980円となっており、6回施術するとして部分脱毛だと銀座カラーの方がお得だといえます。

全身の箇所数は違いますが数え方の違いであって、全身をくまなく脱毛できる点では大差ありません。

ただ、銀座カラーの場合は顔脱毛が含まれません。顔も脱毛したい場合は別のプランになりますので注意して下さい。

脱毛ラボの方が安い代わりに12回通わなければ全身が脱毛できないのと、毛周期が施術とタイミングがあわないと脱毛効果があらわれないので、金額だけでなく、ご自分のスケジュールや毛周期を考慮して決めるのがおすすめです。


2.技術の高いのはどっち?

銀座カラーと脱毛ラボは料金に絶対的な自信を持っている脱毛サロンですが、肝心の効果はどうなのでしょうか?
結論からいうと、どちらも技術は高く、効果はあると思って良いでしょう。
銀座カラーでは「IPL脱毛」という光のエネルギーを利用した脱毛を行なっており、スピードが早く、痛みも少ないというのが特徴です。
脱毛ラボでは、「S.S.C脱毛」という脱毛方法を採用しており、銀座カラーと同じように痛みがなく、肌への刺激が少ないという特徴を持っています。
どちらも肌への刺激が少なく、痛みが無いというのが売りなので、甲乙つけるのはとても難しいです。
ただ、銀座カラーと脱毛ラボの口コミを見てみると、銀座カラーの方が技術に関するマイナスコメントが少ないです。
では、脱毛だけではなく、スキンケア面はどうなのでしょうか?
銀座カラーの場合は、脱毛前には保湿ローションで、脱毛後には保湿マシンの「美肌潤美」を使って肌に潤いを与えます。
脱毛ラボの場合は、脱毛後に肌トラブルを起こさないように冷たいタオルで熱冷ましを行い、最後にアフタージェルを塗り保湿をします。
どちらもスキンケアを行なっていますが、銀座カラーの方が保湿・スキンケアに力を入れているので、安心かもしれません。



3.接客・アフターフォローが良いのはどっち?

接客の良さやアフターフォローの充実さは、サロンを選ぶポイントでもあります。
では、銀座カラーと脱毛ラボの接客とアフターフォローは、どうなのでしょか?
銀座カラーの場合は、強引な勧誘をお店自体で禁止しており、アドバイス・提案のみとなっています。
また、電話での勧誘も行なっていないので、来店を催促されることもありませんし、専任スタッフがつくので、
何度も通う間に友達のように仲良くなっていきます。
しかも、メイクブースを完備していたり、ドリンクサービスも行なっているので、楽しく通うことができます。
そして、医療機関とも提携しているので、アフターフォローも充実しているといえます。
一方、脱毛ラボも、銀座カラーと同じように強引な勧誘をされることはありませんし、医療機関とも提携しているので、安心して通うことができます。
また、返金保証も行なっているので、万が一満足できない場合などは、お金が戻ってくるシステムになっています。
このようにどちらも接客もアフターフォローも一定のレベル以上なので、他店よりも安心して通えます。
ただ、口コミを見てみると脱毛ラボの場合、それほど強くはありませんが、多少勧誘があるようなので、
押しに弱い方は気をつけた方が良いかもしれません。



銀座カラーの公式サイトへ