銀座カラーってどんなサロン?

大切な体を守るために、痛みフリーの施術

脱毛につきものの痛み・・・その不安と痛みと徹底的に戦います


かつて脱毛といえば、「痛い」というのが定説でした。
ニードル打ち込み式にしろ脱毛器にしろ、「生えている毛を抜く」という事に主眼が置かれていたので、思わず涙ぐんでしまうほどの痛さだったのです。

近年光脱毛が開発されて、脱毛における痛みの問題は一挙に解決に向かいました。
クリニックで扱うレーザー脱毛は、その強力さ故に痛みもあります。
しかし銀座カラーをはじめとするエステでの光脱毛は、ほとんど痛みを伴いません。
どちらかというと、「痛い」よりも「熱い」と感じるケースが多く、時々輪ゴムでゆるく弾かれた時のような感覚にとどまります。
そもそも銀座カラーは施術時間が短く、痛みを感じる前に終わってしまいます。
ただし、ジェルの塗布は結構くすぐったいのでちょっと我慢を。

とは言っても、痛みには個人差が大きいもの。
また、元から毛量が多い人は痛みを感じやすいです。必ず体験コースを受けてから決めてください。
「せっかくコースを申し込んだのに、痛くて行くのが嫌になった」なんて事になったら、お金も時間も無駄になってしまいます。


一人で抱え込まないで、デメリットやリスクもしっかり説明してくれます。

脱毛の痛みというのは、大変デリケートなものです。
同じ出力であっても、毛量の多い少ないで変わってきますし、同じ程度の刺激であっても「痛い」と感じる人も「痛くない」と感じる人もいるでしょう。

脱毛エステを受ける際は、必ず体験コースを使いましょう。
それによって、自分にあうあわないがわかります。
また、特に痛みに弱い人はスタッフに相談する事も忘れないで下さい。

営利に走るだけのサロンですと、利用者が「痛みはありますか?」と聞いても、「まったくありません」「大丈夫です」と答えるだけで根拠も示さず、コースの契約を勧めてきます。
このようなサロンは、信用がおけません。断った方が賢明です。

銀座カラーで同じ事を質問すると、
「痛みは少ない施術方法ですが、個人差はあります。また、毛根が太ければその分痛みは大きくなります。痛かったらすぐにおっしゃってくださいね」
という反応があるでしょう。

これは、「サロン側にとって不利益な情報であっても、利用者の問いかけに対し誠実に答える」という銀座カラーの営業姿勢の表れといってもいいでしょう。
痛みや赤みについて不安に思っていても、納得するまで説明してくれます。


銀座カラーの公式サイトへ